日本共産党目黒区議団 > 党の政策 目次 > 党の政策 詳細

党の政策

▶ 一覧に戻る

めぐろ学校教育プラン改定素案についての意見

めぐろ学校教育プラン改定素案についての意見

                    2021年12月14日
                    日本共産党目黒区議団

子どもたちが置かれている教育環境は厳しく、新型コロナの感染症の影響が加わりさらに大変な事態になっています。子ども同士の関係が希薄になる中で、全国では同級生への殺人事件が発生し、いじめや不登校は増加、いじめによる自殺まで起きています。教育の主人公は、子どもです。教育は子どもの学び成長する権利を満たすための営みであり、子ども一人ひとりの個人の尊厳が何よりも大切にされなければなりません。一人ひとりに配慮したきめ細かな教育環境をつくる立場から意見を述べます。

1、確かな学力の向上について
教育委員会は、国の「令和の日本型学校教育」を掲げ、GIGAスクール構想を推し進めていくとしています。I CTの環境整備は必要ですが、GIGAスクール構想には様々な問題があります。日本共産党区議団は、「学校情報推進化計画」素案で詳しく指摘しています。参照ください。

ヽ慘歪敢困亮損棔Τ萢僂砲弔い
区の学力調査は、現場の教員が係わることなく、業者がテストの内容をつくり採点をします。さらに業者がテストの結果に基づいて授業の改善プランを作成し、改善プランを基に教員が子どもの指導を行うというものです。しかし本来、一番子どもの理解力や現状を把握している教員が自身の力で子どもにそった指導を行うことが重要です。業者に丸投げするようなやり方、区の学力調査は中止すること。

国の少人数学級の実施を待つことなく独自に少人数学級を推し進めていくこと。

B臘暫羈惺擦納損椶靴討い襯ぅ鵐哀螢奪轡紂Εャンプを全中学校の希望者へ拡充する事や、新たな日帰り体験型英語学習授業が盛り込まれました。参加出来る子、英語が好きな子どもにとっては大変喜ばれる取組みですが、その反対に参加出来ない子、英語が苦手な子どもにとってさらに英語を敬遠する事態にもなりかねません。参加出来ない子ども達への配慮を検討すること。

ずF的課題に対応した教育について
子ども達に直接関わる「子ども条例」について、条例の内容と生活に係わる具体的な事柄と結びつけ学習する場を設けていくこと。

2、豊かな心の育成について

\的指向及び性自認に基づく困難などの解消に向けた対応の充実について新たにこの項目を設けたことは評価できます。これに基づいて学校対応マニュアルを作成しましたが、マニュアルを活用し各学校で積極的に推し進めていくこと。また教員には、性の多様性についての学習の場を保障すること。

∪弧燭琉汰感軌蕕亮損椶砲弔い
ユネスコは、包括的な性教育を推進するためのガイダンスで「性交、避妊に科学的情報など重要な話題を無視し省略することは、偏見や無知を引き
起こし、助けを求める障壁をつくりだす」と指摘しています。日本は、公教育で、性や生殖についての科学的知識や、性に関わる人権意識を形成する機会のないままにインターネットなどで氾濫する暴力的でゆがんだ性の情報に触れているのが、今の若者の現状です。「生命の安全教育」は、ユネスコの包括的な性教育とは異なるものです。性暴力や予期せぬ妊娠を防ぐうえでも公教育で、包括的な性教育に取り組むこと。

3、新しい時代の学校教育を支える環境整備について

,い犬疔瓢澆覆匹梁弍の充実について
教員の多忙な業務をへらし、子どもと対面する時間を増やせるようにすること。さらに教員集団で、クラス運営の悩みやこども達についての相談や話し合いが出来る場を設け、情報を共有すること。

不登校等への対応の充実について
 スクールカウンセラー、スクールソーシャルワーカーの増員を行うこと。

3導惺擦法∪賁腓凌渊餞杙塀颪鯒枌屬垢襪海函

4、魅力ある学校施設への更新について

‐学校の更新計画の取組みが始まります。経費の削減と教員の負担軽減を
 理由に学校ごとのプールを廃止しようとしていますが、教育的水泳指導の役  
 割やプール共同利用の場合には移動時間がかかることなど十分に検討し、安
 易にプール廃止は行わないこと。

第七・八・九・十一中学校を2校にする統廃合は中止すること。

5、学校内外の連携・分担による学校マネジメントの実現について

[拈楹惺惨望入学制度について
 小学校の隣接希望入学は、休止しています。希望入学制度がなくても、一定
 の理由がある場合は、指定区域以外の学校に入学することは認められていま
 す。希望入学制度は、生徒の偏在が起きてしまいます。中学校についても中
 止すること。

6、子どもの安全・安心の確保

ヾ鏡症対策の実施について
新型コロナウイルスの感染の陽性者が出た場合、濃厚接触者に限定することなく全員のPCR検査を実施すること。教員の手を煩わすことなく、校舎などの消毒のための人員配置をおこなうこと。

                              以上  
このページの先頭へ ▲