岩崎ふみひろ
CONTENTS
区政・区議会報告
活動報告
プロフィール 活動実績
趣味のページ
私のお約束

生活・法律相談

生活相談を随時、受け付けています。ご連絡ください


●法律相談

5月14日(土)

午後5時〜7時
  日本共産党本町事務所へ
   お越しください
image

5月19日(木)

午後2時〜3時半
  区役所5階 日本共産党控室へ
   お越しください



朝の駅前宣伝

武蔵小山駅 火曜日 午前7時45分ごろから
西小山駅  水曜日 午前7時45分ごろから
目黒駅   木曜日 午前7時30分ごろから (石川議員と隔週)
  ※天候や仕事の都合で変更の場合があります。




日本共産党目黒区議会議員
岩崎ふみひろ 岩崎ふみひろ
 現場にかけつけ、草の根の声を区政に届けます。

サイト内検索

ブログ 岩崎ふみひろの七転八起

区政・区議会報告
NEW
熊本地震の教訓生かし、直ちに建物の耐震化助成充実を
  熊本・大分地方を襲った直下型大地震は、改めて建物の倒壊などによる被害が甚大になることを明らかにしました。東京都でも、首都直下型地震がいつ起きても不思議ではないといわれているなかで、建物の耐震強化を中心にした大地震対策を早急に進めていかなければなりません。【2016年5月18日】
平和都市宣言生かす目黒に
  戦争法が3月29日に施行されました。当夜は国会正門前で、3万7千人が詰めかけ、戦争法廃止のコールを響かせました。【2016年4月26日】
感震ブレーカー設置助成のさらなる充実を求める
  目黒区は新年度から、大地震などの揺れを感知したときに自動的に通電を遮断して火災を防止する装置である、感震ブレーカーの設置助成を始めます。予算規模は400万円で、木造住宅密集地域(目黒本町、原町など)の旧耐震基準の木造住宅に居住している、高齢者のみ、あるいは障がい者世帯を対象に助成します。【2016年4月5日】
都立小山台高校など夜間定時制の存続を求める陳情に日本共産党以外不採択に
  目黒区議会第1回定例会に提出されていた、都立小山台高校などの夜間定時制の存続を求める陳情が2月29日の文教・子ども委員会で審査され、自民党、公明党、民主党、維新の会、未来倶楽部・生活者ネットワークの多数が不採択としました。【2016年3月29日】
青木区長は消費税増税は「やむをえない」と。しかし、社会保障は切り捨て計画次々
  日本共産党目黒区議団が消費税増税の認識について質問したのに対し、青木英二区長は「社会保障の充実のために使われるものであり、引き上げはやむをえない」と答弁しました。しかし、果たしてそうでしょうか。【2016年3月22日】
これまでの記事

活動報告
NEW
羽田空港の増便による新飛行ルートについて、撤回を求め国交省と交渉
image 国が東京五輪までに羽田空港の国際線を増便するため、23区上空を飛行する離着陸計画を立てていることについて、きのう(13日)、「羽田増便による都心低空飛行計画に反対する東京連絡会」の国交省交渉が行われました。【2016年4月14日】
都立小山台高校を存続させよと署名活動
  都立小山台高校など4つの都立高校の定時制が廃止されようとしているなか、東急武蔵小山駅前で2月1日、「都立高校定時制の存続を求める署名活動」に取り組みました。10数人が参加し、1時間の行動で210人が署名しました。 【2016年2月9日】
核兵器廃絶、戦争法案ストップの熱気に包まれた原水禁世帯大会
image 戦後70年・被爆70年の原水爆禁止2015年世界大会。今年は広島、長崎の2か所でつどいが開かれました。大会は20か国140人を超える海外代表と全国から1万人の参加者が集う熱気あふれる大会として大きく成功しました。【2015年8月31日】
これまでの記事
日本共産党目黒区議団

日本共産党目黒区議会議員
岩崎ふみひろ
〒152-0002目黒区目黒本町6-4-1-405 TEL03-3713-6800
Copyright(c)2005 IWASAKI FUMIHIRO All rights reserved.